株の売買でしなくても良い損をしないために節税対策を知ろう!

勉強してようやく株で稼げた!そんなときに税金でたくさん引かれてしまうと、がっかりしてしまいますよね。でも、がっかりしてしまうのは早いです。なぜなら、確定申告をする事で株売買にかかる税金を節税することが出来るからです。これから、どんなときに節税できるのかを説明してきたいと思います。
株の売り上げが損になってしまった方は節税できるチャンスです。
はじめは株で損をしてしまった場合の節税対策です。勿論株で負けているのでかかる税金はありません。大切なのは、譲渡損失の繰越控除が出来るという事です。譲渡損失の繰越控除とは、株で損した分を最大三年間繰り越して良いという制度です。損した分を繰り越して何の意味があるのか良くわからない方もいるのではないでしょうか。損した分を繰り越すことで、その間利益が出ても損をした分を合わせて計算して良いということです。例えば、一年目に50万損しました。その後2年目に60万儲かりました。そうすると、60-50=10で税金がかかるのが10万円だけになるという制度なのです。ですので、仮に株で損をしてしまったとしても、3年間で利益を出すことが出来れば節税に繋がる事になりますね。損をしてしまっても将来的な節税対策になると思うと少し得をした気分になれるのではないでしょうか。私も以前30万程株で負けたときに、繰越控除の制度を知り、その翌年は50万程勝つことができたので30万の節税をする事ができました。
いくつかの証券会社の口座を使って株を運用している方は節税できます!
複数の証券会社を使って株を運用している方は損益通算という制度を使う事で節税対策をすることが出来ます。損益通算とは、別々の証券会社で株を運用している時は儲けと損を通算できる制度です。A社では50万儲けが出たけれど、B社では50万の損になってしまったなら儲けと損を合わせても良い。50-50=0で儲けは0になるということになります。ただこの時に源泉徴収ありの口座で株を運用している方は利益が出たときには自動的に税金を取られてしまいます。なので、源泉徴収をの口座を使用している方は、確定申告でA社とB社の損益を申告することで取られた税金を取り戻すことが出来ます。複数の口座で損益が生じている方は正確に金額を把握した上で確定申告を行うと節税対策になりますね。
節税対策で一番大切なことは面倒に思わずに確定申告をすること
源泉徴収は自動で税金を引いてくれるので簡単ですし、確定申告は色々と書くことも多くて面倒になってしまいますよね。しかし、源泉徴収では自動的に税金を引かれてしまうので税金が取られすぎてしまう事があります。ですので、源泉徴収ありの証券会社の口座を使用している方だとしても、損益を自力で計算し節税できるようであれば、都度確定申告を行う事が大切です。確定申告を行うことによって、損が出たときに使える繰越控除や、複数の証券会社で運用している人に有用な損益通算などの節税に繋がる制度を利用する事もできます。面倒な確定申告ですが、真剣に取り組む事で面倒以上のメリットを手に入れることが出来ますね。