株の節税対策をする前に税金について知ろう!仕組みが分かれば対策ができる!

株式投資を始めるときには、税金のことまで考えないことが多いです。しかし、利益を上げていて、確定申告の時期が迫ってくると考えないわけにはいきません。
日本では税金は自己申告制ですので、自分で税金の計算をする必要があります。ここでは株の節税対策について紹介していきます。

株の税金は約20%!税金支払う前に損益通算について知っておく!

株式投資で得られた利益の全てが手元に残るわけではありません。利益の20%は税金として納める必要があります。
しかし、年間を通して上げた利益であって、1つの取引のことではありません。株取引では損をすることもあります。その損と利益を損益通算することで、年間の利益が算出できます。この損益通算を知らなければ、利益が出るごとに税金を納めてしまうことになるでしょう。
私は勘違いしていた時期があって、危うく無駄な税金を納めそうになったことがありました。損益通算を教えてもらったお陰で無駄な税金を払わずにすみました。節税対策をするなら、税金に関するこのような知識も覚えておくことが大事です。難しいことではないので、覚えておくといいでしょう。

株には非課税にできる魔法の口座がある!使って得をしよう!

株の節税対策として確実に使った方がいいのがNISAです。NISAは株取引で得た利益を、非課税のまま手に入れることができる魔法の口座です。日本国民であれば誰でも持てる口座で、1つだけ持つことができます。特にリスクがあるわけではないので、作っておいて損はないでしょう。
NISAは100万円以下の株取引という条件はありますが、他の制限はあまりありません。私もNiSAで取引を行っています。課税されないことを考慮して、設けが出やすい取引を行うようにしていました。税金はあくまでも利益に対して課税されるので、大きな利益になるような取引をNISAでしています。節税対策を考えるなら、まずはNISAの口座を作るところから始めましょう。

税金は必ず支払わなければならないものではない!支払う条件を知っておく!

損益通算をした結果、損になっていれば税金を支払う必要はありません。それ以外にも税金を支払わなくていい場合があります。年間の利益が20万円以下のときです。申告する必要もありません。
ただ、口座によっては証券会社が源泉徴収して、代わり税金を納めていることがあるのです。その場合は確定申告をして、税金を取り戻す必要があります。私は源泉徴収を知らなくて、税金を払っていたことがありました。本来であれば、税金を納める必要はなかったのです。節税対策をするようになってから源泉徴収を知りました。源泉徴収は確定申告をしていれば戻ってきたのですから、悔しい思いをしたのを覚えています。このような事がないように、税金を支払う条件を知っておくといいでしょう。

<キーワード>
グラーツ投資顧問 口コミ