株の節税対策にはいくつかのポイントがある!税金を払う前にチェック!

株取引では利益が出れば税金がかかります。税金について何も知らないと、いつのまにか多く払ってしまう可能性があります。ただ、節税するためには税金の知識が必要です。必要になる知識は難しいものではないので、知っていれば役に立ちます。ここでは株取引での節税対策の方法を3つ紹介していきます。

非課税口座のNISAを利用すると税金を払わなくてもいい節税対策になる

NISAは株取引をしやすいように設けられた非課税口座です。100万円以下の取引であれば、税金がかからない仕組みになっています。節税対策としてはNISAは一番いい対策でしょう。
私は今でもNISAの口座を持っています。株取引の税金は利益の約20%です。100万の利益が出たら、20万円が税金になる計算です。結構大きいですよね。
私がNISAで取引しているのは優良株で、利益をいつも確保している銘柄ばかりが揃っています。利益がでなければNISAを使う意味はないので、出来るだけ利益が出やすい銘柄だけをNISAで運用しています。NISAの注意点としては、口座を1つしか持てないということです。どの証券会社でもいいのですが、口座は1つだけです。また、NISAでは100万円までの取引しかできません。そのためNISAで非課税になるのは100万円までです。

確定申告で節税できる可能性があるので、自分の取引を見直す

株取引は口座によっては証券会社が源泉徴収をして、証券会社が税金を払ってくれる口座があります。確定申告に必要な書類も用意してくれるので、ほとんどの人はその口座を活用しています。
しかし、株取引における利益が年間で20万円以下の場合は税金を払う必要がありません。株取引では損をするときもあるため、通年で利益を算出する必要があります。年間を通して思っていたほど利益が上がっていない場合には、源泉徴収で払っていた税金は戻ってくることになるのです。
実際にあった経験として、取引を始めた頃は大きく利益を出せませんでした。そのため確定申告をすれば、源泉徴収分が戻ってくるはずでした。しかし、そんなことを知らなかったため、税金を納めたままになったのです。節税対策という意識があれば、お金は戻ってきたはずでした。しっかり自分の取引を見直して、税金の有無を確認する方がいいでしょう。

損益通算と繰越控除を駆使すれば節税対策になり、税金が安くなる可能性がある

株取引では損をした分を通年の利益から差し引く損益通算という考え方があります。また、年間で損をしたときには3年間繰り越せるという繰越控除という考え方も活用できます。つまり、損を出すと利益と相殺して、払う税金を少なくできる節税対策の方法があるのです。
私は損益通算の考え方を知らなかったために、余計な税金を納めた記憶があります。その当時は年間を通して出た利益ではなく、個別の取引で源泉徴収されていました。損と通算すれば税金を払いすぎていると今は分かります。ただ、その時は何も分からずに税金を払ってしまいました。大きな額ではありませんが、知らなかったために税金を多く納めてしまいました。損をしている人は損益通算と繰り越し控除を覚えておくといいでしょう